2018年 3月 nissi nissi
3月30日 金曜日

まだ喉の調子は完全ではないのですが、日にひに良くなっています。

退院直後の喉の調子は本当にひどくて、
声が森進一さん(若い方は知らないかな?)のようだったので、
洋服屋さんで「そのお洋服色違いございます〜」とか、
花屋さんで「観葉植物お好きなんですか〜?」なんて声を掛けられても、
会釈をしてその場を離れる事しか出来ないし、
ムセやすいので外食もままならなかったり大変でした。

それでも身体は元気なので、ダラけた身体にムチうって、
今月から市のトレーニングルームに通いはじめました。

これまでどんな運動でも長い時間やれば筋肉になって、
余計な脂肪が落ちてくれると思っていた素人なので、
とりあえず今はコンスタントに通えるクセをつけようと頑張っています。

そんな通い始めたばかりのトレーニングルームで、
さっそくイラつくおばさんに出会ってしまいました。

私が外が見渡せる場所に置いてあるクロストレーナーを使っている時、
隣のランニングマシーンでウォーキングをはじめたおばさん、
顔見知りが多いのか挨拶をしたり一時賑やかになりました。

その後しばらくすると、窓の外の階段に座ってお弁当を食べるお年寄り夫婦を見て、
そのおばさんが「あんな所でお弁当食べなくてもいいのにねぇ」と、
誰に話すともなく大きな声で言うと、
同じくランニングマシーンでウォーキングをしている方が
「他にもベンチがあるのにねぇ」と返し、
また違う人が「邪魔になってるわよ」などと会話がはじまり、
「桜を見ながら食べればいいのに」だの「食事がまずそう」だの言いたい放題。

あんまり悪口が続くので他のマシンに移動したものの、
その中心になっていたおばさんは自分のウォーキングが終わっても、
他のマシンに行くでもなく立ち話。

ジムみたいに一人で黙々と頑張る場所に来る人達の中にも、
「何をしに来ているのかと思うような人っているんだ?」と思い「ジム おしゃべり」で検索してみたら、
意外と多くのおしゃべりな方がいるようで安心しました。

上手に相手をしないように集中していこうと思った3月でした。

さて再販売クリップのお知らせです。
在庫の無かった「クリップ371ショートタイプ」再販売開始しました。

カーディガンクリップ

小さなデザインの違いでも人気に大きな差が出るのは面白いところです。

line

昨日からお店再開いたしました。

2月から約1か月間お休みしていましたが、
ようやく体調も戻ってきたのでお店を再開いたします。

まだゆっくりスタートですが、
発送はもちろんメールやオーダーへの対応は迅速にいたしますので、
アクセサリーへのご質問等ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。

今回お休みしたのは3年前に受けた手術と同じ手術を再度受けるためでした。

前回手術したものの不調の原因は取り除けず、その時の医師の腕に疑問もあったので、
今回はこの手術に長けた先生にお願いしたおかげで、
今の所順調に症状から解放されつつあります。

命には関わらない手術ですが、開頭手術のため回復にどれくらいかかるか心配でした。
前回は入院から退院まで8日かかり、手術後の2・3日は食事も出来ず、
退院してからも味覚障害があったり、
平衡感覚がおかしくて散歩もままならなかったりでしたが、
今回は5日間の入院で済んで、手術の翌日には食事も出来たし、
平衡感覚も味覚障害も無く、まだ少し声が出にくいですが、
今の所ほとんど症状も治まりました。

今回の手術でつくづく感じたのは、「病院と先生選びの重要さ」です。
その手術に長けている先生やその先生から直接学んだ先生を選ぶ事。

「病院選びは慎重に!」と声を大にして言いたいです。

病院選びに食事を重視する事は出来ないけど、
今回の入院中、期待はしていなかったけど唯一食欲がわいたのがこちら。

好みに合わなかった病院食

あまりメリハリの無い味のマーボーで、汁物が欲しくなるセットですが、
このマーボー丼が一番おいしく頂けました。

好みに合わなかった1番がこちら。

好みに合わなかった病院食

昔の学校給食を思い起こすような。

味の薄い煮豆をおかずに少量のジャムでパン2枚食べるのは、
元気な今でも食欲がわきません。

そんなこんなで食事には文句を言いつつ、
良い先生と良い看護師さん達のいる病院に出会えて本当に良かったです。

それでは少しずつですがお店再開していますので、
ご質問等ございましたら、お気軽にメールでお問合せいただければと思います。