2017年 2月 nissi nissi
2月22日 水曜日

凹みまくりです。
大切にしていたエアープランツのキセログラフィカを枯らしてしまったんです。

2年前にバナナワニ園で比較的安く売っていたので思わず買ったもの。

エアープランツのキセログラフィカ

このサイズで2000円だったかな?
少ーしずつ長く大きくなっていて「ムフフ…」と内心ニヤニヤしていたのに、
「ここの所気温が低くなっているから2階に置いてみようかな。」と2階の明るい日陰に移動。
場所を変えたのをきっかけに、「最近乾燥しているからマメに霧吹き〜♪」とやっていたら、
どうやら根元が腐ってしまったようで。

ちょっと前にも同じ失敗をしたばかりだったのに!
自分のバカ!
ついつい変な手を掛けすぎてしまう私。

ちょっといつものパターンを崩すと枯れてしまうエアープランツですが、
こちらは手を掛けても掛けなくてもマイペースな猫たちについて。

旅行中、シッターさんにお願いしていましたが、
前回来てもらった時は慣れていなかったからか、こんな感じでした。

猫

何日か通ってくれたとはいえ短い時間だし、
しかも私たちが居ない時に突然やってくるシッターさんに、
猫たちが慣れてくれる方が奇跡かな?

そして今回シッターさんに来てもらった時の初日の猫たちがこちら。







猫

ひどくなってる!!!

誰が来たかの興味よりも警戒心の方が強いようで、
三階に登ってしまって降りてくる様子は無いようです。

そして最終日の猫たち。







猫

全く慣れてない!!!

ユーは恨みでもあるかのような目つきだし!
シーは怯えきってるし!

人が来た時は匂いを嗅ぎに来て、「この人遊んでくれるかな?」と周りをウロウロするシーも、
最後まで全く懐きませんでした。

唯一一番近くで撮れた写真がこちら。

猫

近づけはしたものの、警戒心バリバリ出てます。

今回、シッターさんが下見に来てくれた時も、
ドアを入った瞬間から猫たちの警戒心はバリバリだったので、
シッターさんから何か我が家の猫を寄せ付けないオーラが出ているとしか思えません。

このシッターさん、犬はもちろんネズミとか爬虫類を世話しているそうなので、
そういった匂いのせいなのかな?

猫たちが話せたら、どんな理由を言うんだろう…

さて今日は新作のお知らせはありませんが、
セミオーダーのお問い合わせが増えていますので、
気になるアクセサリーで「もっと長くして」や「このビーズを外して」など、
ご希望がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

line

2月16日 金曜日

こちらでも河津桜が満開です。

河津桜

今日春一番が吹いたようで、暖かい一日でしたが、
風が強くて花粉がすごい!

先週行っていたバリ島では花粉の心配も無く快適だったのに…
そんなバリ島で泊まったホテルについてですが、
今回泊まったホテルはほぼ高齢者ですごかったんです。

バリ島のサヌールは今回2回目でしたが、
前回泊まった「タンジュン サリ」というホテルはバンガローで
それぞれの部屋が垣根で仕切られていて、ガゼボもあり、
まるで自分の家のようなプライベート感覚があって、
海から上がったら自分の敷地に入ると外にシャワーもあるので、
いつでも気軽に泳ぎに出られて、食事も美味しいしサイコーだったんです。

タンジュンサリ

タンジュンサリ

昨年50周年記念だかで建物も古いですが、イチオシなホテルです。

で、その時に海辺を散歩していてタンジュンサリと同じように、
ビーチがあって、その奥にレストランとプールがあって、
更にその奥にホテルがあるタイプの「ベサキビーチホテル」を見て
「このホテルも良さそう」と思って、
今回は「タンジュン サリ」の隣の「ベサキ ビーチホテル」に泊まりました。

最初、バンガロータイプかと思っていた部屋は、
ネットで見ると一軒家が上下別々の人たちが泊まれるようになっていて、
私たちが泊まるのはその2階のようでした。

「それでもいいか」と決めて、
実際にホテルに行くと、その一軒家の隣にある2階建ての普通のホテルの部屋でガッカリ。

どうやら敷地の中にバンガロータイプや一軒家タイプ、2階建てホテルがあって、
一番安い部屋が2階建てのホテルタイプだったんです。

ベサキビーチホテル

でもベランダからはプルメリアや隣のバンガローの屋根で遊ぶリスや、
鳥たちのさえずりが聞こえてたり、居心地は良かったです。

驚いたのは宿泊者。

朝、朝食を食べにレストランへ行くと90〜99%が白人の高齢者。
足元がおぼつかない方や杖をついた方、
4つ足の歩行器を使って歩いている方などなど、
まるで老人ホームに迷い込んだかのような雰囲気。

でもそんなちょっと身体が不自由なお年寄りたちも、
ビーチで水着で読書をしたり海に入ったりしているのを見ると、
こんなお年寄りになりたいなぁ…と思います。

レストランではドイツ語のような言葉だったりロシア語のような言葉が飛び交い、
ホテルで仲良くなったのか皆さん声を掛け合ったりして和気あいあいとした賑やかな感じ。

ホテルの図書エリアには英語の本よりもデンマーク語とオランダ語の本が多く置いてあったので、
ヨーロッパの方が多いんでしょうか。
でも日本語の本も2冊あってちょっと嬉しかったです。

食事は朝食だけついていましたが、ナシゴレンとミーゴレン、
パインやバナナなどのフルーツ数種類、
フレーク、パン数種類、パンケーキ、ジュースが毎日といった感じ。

ベサキビーチホテル

美味しいし、卵とソーセージは出来たてを持ってきてくれますが、
さすがに毎日だと飽きますね。
お醤油を持って行けば良かったです。

それにしても今回のホテル、かなりボロボロ。
滞在中、数日にわたってビーチ沿いの木をかなり大幅にカットしていて、
「あんなに大雑把に切って大丈夫?切り口から木が腐ったりしないの?」と思ったりもしました。

ベサキビーチホテル

下にバーやマッサージ屋さんの屋根があるので、その真上の木を切る際は、
切る枝に登った人がナタでザックリと切れ目を入れると、
下にいる人たちがロープでその枝を強く引っ張り、
そこを更にナタやチェーンソーで切る。

すると下にある屋根に枝が当たることなく、
引っ張った方向に枝が落ちてくる、という感じなんですが、
その枝に登っている人は枝が切れた瞬間、引っ張られていた枝が戻ってきて、
その枝にはじかれる形で落ちそうになったり、
一回ははじかれた枝が顎に当たってしばらく動けなくなっていて、
見るからに危ない剪定の仕方をしていたので、しょっちゅう剪定はしているだろうに、
「植木のプロはいないのかな?」と不思議でした。

そんな木を下から「こっちを切って!あっちじゃない!」と指示していたおばちゃんが、
レストランで卵の焼き具合を聞きに来たおばちゃんに似ていたので、
「レストランのおばちゃん、何でも口を出したがるね〜」なんて思っていたら、
他の宿泊客とよくおしゃべりしているので私も話しかけてみたら、
なんとベサキビーチホテルのオーナーさんのネイムさんという方で、
「私がちゃんと指示しないと、変な所の枝を切るから大変なのよ。」というような事を言っていました。

今年45周年のホテルだそうで、
木もだいぶ大きくなったので風の強いシーズンになる前に切っておかないと危ないんだそうです。
どうりで部屋もかなりボロボロだったわけです。

それにしてものんびりした感じはサヌールだからなのか、
このホテルだからなのかわかりませんが、
また泊まってもいいな、と思えるホテルでした。

ベサキビーチホテル

さて、今日の新作は先日のマグネット式クリップの色違いです。

カーディガンクリップ

真ん中がマグネットになっているので、着脱も楽ちん。
カーディガンやショール、ストールや羽織にどうぞ。

line

2月13日 月曜日

1週間お休みをいただき、メールに対応出来ず申し訳ありませんでした。
「ご注文確認メール」は全てお送りしておりますので、
「注文したのに連絡が来ないんだけど」という方がおられましたら、
12日のメールをチェックしてみてくださいませ。

お休みをいただいてバリ島のサヌールに行っていました。
雨季でしたが晴れ時々曇りという感じで、湿度は高いですが暑すぎず。
海に入ってはビーチでのんびりして、更にシミが増えちゃいました(涙)

バリ島

途中、キンタマーニ高原へ行ってライステラスを眺めつつランチをとって、
温泉に入ろうと予定していましたが、
前日からお腹の調子が悪くなり行くのを諦めたんです。

その翌日、ニュースでキンタマーニ高原のいくつかの村で、
大雨による地滑りがあって死者が12名出たのを知り、
もし行っていたら雨で景色が楽しめないどころか、道路も寸断されているようだったので、
帰って来られなかったかもしれなかったし、ヘタをしたら…と考えたら、
私の弱いお腹にはじめて感謝しちゃいました。
「調子が悪くなってくれてありがとう!」

キンタマーニには行けなかったけど、かわりに近場のラン園に行ったら日本語ガイドさんが、
ちょうど大きくなりだしたパイナップルの実とペンを持って、
全力で「PPAP」の歌を披露してくれて、ちょっと「面倒だなー」と思ったり。

バリ島のラン園

クタへ夕日を見に行ったら雲で見えなかったものの、ウミガメの放流に出会ったり。

バリ島のクタ

自転車であちこち走り回って手荒なバリの車にヒヤヒヤしたり。

バリ島でサイクリング

ベノという乗り合いタクシーに乗って、ボラれたのかどうかよくわからない金額を要求されたり。

バリ島でベノに乗った

いろいろあったけど、やっぱり旅行は楽しいね。
それらの話はまた次回。

今日は新作1点UPしました。

カーディガンクリップ

クリスタルが綺麗なマグネットクリップです。

line

2月3日 金曜日

ストーブでミカンを温めていると、子供の頃を思い出します。

ストーブとミカン

小学生低学年くらいの頃、いつも友達と遊ぶ公園の近くに交番がありました。
その頃はいつも交番に警察官が居たので、
花に水をあげる警察官の方とおしゃべりしたり、
なんとなく身近な存在だったんです。

ある寒い日、友達と遊んでいると100円玉を拾ったので「これを持って行けば交番に入れる!」と、
喜びいさんで交番に行くと若い警察官の方が居て、
「どこで拾ったの?」などと軽く聞かれたりしつつ、
「寒いでしょ、これ食べていいよ。」とストーブの上で熱々になったミカンをくれて、
友達と半分こして食べました。

うちではミカンを焼くという習慣が無かったので、最初はびっくりしたものの、
甘さが増していて、新しい食べ物に出会ったような気がしたっけ。

こちらも焼いて美味しいもの。

火鉢でおもち

炭火でじっくり焼くと美味しさが倍増した気がするから不思議です。
ちなみに私はお醤油とお砂糖をつけて食べるのが定番です♪

さて、お店のお休みの予定も。
2月4日(土)から11日(日)まで、ご注文はしていただけますが、
メールへの対応は出来ませんのでどうぞご了承くださいませ。