2010年 11月 nissi nissi
11月26日 金曜日

何かと忙しい時期になってきましたが、
オーダーメイドが重なっていて、ペンチやニッパーがフル稼働中です。

そんな中、金属パーツをニッパーでチョキチョキと加工する作業をしていて、
「終わった…」とホッとして手を見ると、マメが出来ていて完全にパッカリ…

ぶら下がって遊ぶウンテイで、我を忘れて遊びまくった後くらい、大きなマメ。
全く気がつきませんでした。
こんなに集中したのは久しぶりかも。
でもおかげでかなり満足のいくものが出来ました。
オーダーメイドだったので、喜んで貰えると嬉しいなぁ。

さて、薪ストーブが我が家にやってきたので見てやってください♪

薪ストーブ

…ではなく、こちらアイアン製のキャンドルホルダーなんです。
一目惚れで購入してしまいました。

手のひらに乗るサイズですが、値段の割に大き目で重厚で、
片手に乗せるのは辛い重さ。
でも、扉や上部の蓋が開いたりと、かなりよく出来ていていい感じ!

薪ストーブ型キャンドルホルダー

「冬だね〜」と思わず言いたくなるような優しい色で、炎が揺れています。

そんな温かな色が心地よい今日この頃ですが、
今日は寒すぎず暖かすぎず、とても心地の良い日でした。
耳元の大振りイヤリングも気持ち良く揺れてくれていた気がします。

ピアスとイヤリング

カプリブルーのリーフがサラサラと揺れるイヤリングなど、
いかがですか?

line

11月22日 月曜日

川崎市立日本民家園

「北陸?」と思うような風景ですが…

実は「川崎市立日本民家園」という場所で、
重要文化財の民家などを移築して、
地域ごとの家の造りや、生活スタイルなどをボランティアの方が協力して、
一般に公開している所なんです。

最近木造建築の、特に伝統工法に興味があって、
本を読んだりしているのですが、
昔の大工さんの仕事に感心するばかり。

川崎市立日本民家園

300年も前に建てられた家々の、
天井を支える梁の個性的なこと。

太くて真っ直ぐな木材を使うのは、侍など上の人達にしか許されなかったため、
曲がった物を使う事しか出来なかったそうですが、
自然の形をそのまま使うため、
設計図など書かず、その場その場で大工達が柱の長さなどを調整しながら、
全体を作っていったそうで、
すべては大工とそれらをまとめる棟梁の腕にかかっていたそうです。

あと、古民家といえば囲炉裏。
昨日は寒い日だったので、
囲炉裏で焚かれている火がとても温かくて心地よかったです。

でも、茅葺屋根に虫がついたりカビたりしないように、
夏でも囲炉裏で火を焚いているそうなんですが、
家によっては、「え?こんなに?」というくらい家中が煙だらけになっていて、
息をするのが辛い程でちょっとビックリ。

ガイドさんに説明してもらえる時間も有り、
その頃の生活の知恵や、村人達がどう助け合って生きていたのかなどの話も聞けて、
とても有意義な時間でした。

出来れば、その家を再生した大工さんの話も聞きたかったなぁ…

川崎市立日本民家園

緑地にあるこの古民家園は、
紅葉も楽しめます。

川崎市立日本民家園

菖蒲園もありますよ。

ちなみに、やはり移築された古民家でお蕎麦を食べられるのですが、
このお蕎麦、お値段は600円ほどでお財布にもお腹にも優しかったです。
味は…もう一つかなぁ?
お団子なんかも売っているので、散歩コースにピッタリの場所です。

そんな、先週からすっかり寒くなったこちらですが、
今日の新作は雪の結晶を使ったピアスとイヤリングや、
ブックマーカーなど5点です。

ブックマーカー

line

11月19日 金曜日

昨日はほとんど無風かと思って久しぶりに土手沿いを走った所、
思った以上の北風にゼーゼー。
軽いサイクリングのつもりが、汗だくになってしまいました。

それにしても、ニュースでも取り上げられている膨大な額のお金と期間のかかる
スーパー堤防の工事のせいで、かなりの距離が走れなくなっているし、
工事が終わった後どんな姿になっているのか、野鳥の住む浅瀬などはどう残るのか、
ちょっと心配だったりもします。

土手沿いの桜の木はだいぶ赤くなりました。

桜も赤く

今年も残すところ1ヶ月とちょっと。
日にひに寒くなり、風邪が流行っていますが、
元気に2011年を迎えたいものですね。

そんな寒さでも、少し気持ちよく過ごせそうな、
雪の結晶のストラップや、リーフのブックマーカー、
新作3点UPしました。

ストラップ・チャーム

さっそく自分の携帯もストラップを着替えて、
リフレッシュした気分。

ストラップを着替え

line

11月17日 水曜日

こちらは今週に入って急に寒くなり、昨日は12月の気温だったそうです。
寒いのは嫌だけど、暑いよりは好きだったりします。

今日新作UPしたブレスレット、
当店ではじめてのマグネット式クラスプを使ってみました。

外れやすくて無くしやすいイメージのマグネットクラスプだったんですが、
出来るだけ小さい物で、一番強めのマグネットクラスプを選びましたので、
簡単に外れてしまう事は無いと思いますが、
外れた時でも無くなりにくいようにチェーンをつけてみました。

ブレスレット

手持ちの腕時計がチェーンを使っていたので試してみましたが、
着用時も楽ちんですよ。

リングもセットで着けていただけます。
重ね付けが好きなので、こういったタイプが多くなってしまうのですが、
いかがでしょうか。

リング


line

11月15日 月曜日

週末、エアロビクスの大会を放送していたので、なんとなく見ていました。
聞きなれた曲が、ネズミが歌っているかのような高音になるまで速度を上げられた中、
素早い動作でリズミカルに踊る人。
それ程興味が有るわけではないのに、見入ってしまいます。

あと、毎週木曜日にBSJapanで放送している
「鑑定団が3倍面白くなる!目からウロコの骨董塾」、
骨董にそれほど興味がある訳ではないし、まだ3回ほどしか見ていないのですが、
こちらもなんとなく見てしまいます。

和洋骨董のそれぞれの歴史的背景や、それらを作り上げた作家の歴史から、
ブリキのおもちゃなどなど、
なんでも鑑定団で活躍している鑑定士達が出てきてわかりやすく話をしてくれるのですが、
司会の女性が陶器の皿を持つ時に、
片手で受け取ったり片手で持ち上げたりと、
扱い方が雑に見えてドキドキしたり、
5人いる生徒さんの、真ん中に座るおじさんの熱心さが微笑ましかったり、
洋食器について説明をするコーナーでは、
高そうな洋食器を前にジェスチャーをしたり、ちょこっと触ってみたりする度に、
いつか倒してしまうんじゃないかとヒヤヒヤしたり。

どちらの番組も、ため息が出る程「すごいなぁ」と感じたり、
「30秒でもこんな動き出来ないよな」と思ったり、
「飾るために一枚のお皿に180万円も出す事は出来ないな」と思ったりしています。

さて、郵便局への道すがら、いつもは目がいかない道端に、
たくさんの花が咲いている木があって、
白に濃いピンクの斑の入り方、色の出かたの綺麗さに思わず目が釘付け。

さざんか…?

さざんかでしょうか?
普段気にならないものでも、
自分の中に何か引っかかる物があるとつい見入ってしまう。

エアロビクスにも実は惹かれているのかな?
その鍛え上げられた肉体美に惹かれているのかな?

高価なお皿に魅力を感じているのかな?
何百年も前にお皿に細かい装飾を施した人の技術に惹かれているのかな?

何はともあれいろいろな事に興味を持つ事に、悪い事は無いと思うので、
これからもなんとなくボヤ〜ンとした興味でもいいので持っていこうかな。
(独り言?)

SV925ピアス

そんな今日の新作はありませんが、
昨日、SV925製ピアスなどUPしております。


line

11月11日 木曜日

先月あたりから、横浜はAPECのおかげで警官だらけで、
観光地もお休みしたりと大変そうですが、
こちらも毎日、やたらとヘリコプターが飛んでいたりと、
川崎駅周辺でもたくさん警察官がウロウロしていて、
それがなぜか愛知県警の方ばかりなので、
「歩いていたら警察の人に道を聞かれた」なんて話をよく聞くのも当然ですね。
APECのための警備の慌しさを感じます。

当然ながらそんな慌しさは、我が家にはまったく関係無いのですが、
なんとなく生活が落ち着かず、アクセサリーの製作もなかなか進まずにいて、
今、パーツを加工中なものの、どう使うか思案中なんです。

雪の結晶のようなパーツ

クリスタルの間に白い雪のような色が入っていて、
小さなキラキラがかわいらしいパーツなんですが、
少し厚みがあるので、カーディガンクリップでも飾ろうかな?
近々新作でお目見えすると思いますので、どうぞお楽しみに。

ブレスレット

今日の新作はご要望のあったイヤリングとセットでつけられるブレスレットや、
革紐の十字架ブレスレットなど4点です。


line

11月9日 火曜日

今日はこちら、朝からものすごい強風です。
窓が風で押されて「ボンッ」と鳴るほどなので、
何かが飛んできそうで怖い…

これから郵便局へ行って、
ちょっと離れた所にあるパン屋さんへ行こうと思っているんですが、
風は止んでくれないんだろうか…

街はクリスマス色が強くなっていますね。
以前にも書いた横浜線の橋本駅にある「mewe橋本」の中のインナーガーデンに飾られたツリーがすごく綺麗でした。

クリスマスツリー

ここは最近よく時間をつぶしている所。

ここの所ある用事で数時間、この近辺で時間をつぶさなければならない事が多く、
いつもはこの建物の中にある図書館へ行き、
アレコレと雑誌などを見るのですが、
今回はすでに閉館しておりガッカリ。

急に頼みの綱が切れたような気持ちになって、どうしようかと思ってキョロキョロすると、
ちょっと明かりが控えめのこのツリーのあるフロアーには、
カフェやたくさんのベンチがありのんびり出来そう。
外の景色も綺麗に見えるので、持ってきた雑誌をペラペラとめくりつつ、
ツリーの明かりに癒され、時間もあっという間に過ぎました。

ただ、暗くなってくるとカップルが増えて、コチョコチョとささやき合ったり
「うふふ」とハートのついた会話をしているような人達が周りのベンチを占めてくるので、
そういった人達に「場所をかわってあげようか」(内心「いたたまれん」)と、後にする…
そんなお気に入りの場所です。

ピアスとイヤリング

さて、風の強い今日の新作は、ピアスとイヤリング4点です。
オニキスを使ったリーフのモノトーンタイプや、
雪の結晶モチーフ、バラのキャッチ式ピアスなど。
お気に入りが見つかると嬉しいです。


line

11月4日 木曜日

昨日は東京ミッドタウンにある、ビルボードライブ東京へ行ってきました。
11月20日から公開の「行きずりの街」のトークショー付きミニライブ、
ダイニングシアターがあったんです。

「行きずりの街」は作家志水辰夫さん原作で、
「このミステリーがすごい!」1位になったもの。

教え子の生徒との恋愛から、学園を追放された仲村さん演じる元教師の波多野が、
失踪した教え子を探すために12年ぶりに東京へ出る。
元妻の小西さん演じる雅子に再会をするものの、
捜索途中で教え子の失踪に学園が関与している事を知り、
波多野は学園を取り巻く更なる事件に巻き込まれていく…というラブサスペンス。

正直、小室さんとmegさんのミニライブに一番興味があったのですが、
主演の仲村トオルさんと小西真奈美さんが出てくると、
歩き方から、スツールに座ったりマイクを持つ仕草までが洗練されていて、
俳優オーラにやられてしまいました。

小西さんは見た目が繊細な雰囲気なのに、
一番ハッキリと大きい声で腹から声が出ている感じ。
全身黒のファッションの中にも、おそらくスワロフスキーと思われる一粒ピアスや、
大振りのブレスレットは、ビルボードライブの雰囲気にピッタリのアクセサリーでした。

ビルボードライブ東京

ブレまくってますが、この写真は先月行ったボビー・コールドウェルのライブの時のもので、
雰囲気はこんな感じ。
ステージのバックには六本木の夜景が綺麗に見え、
暗い店内はライトが映えて大人な雰囲気。

監督は「亡国のイージス」や「どついたるねん」の阪本順治さんで、
濡れ場シーンを助監督(男性)と2人でお手本をやって見せた、という話をしていて、
しきりに手の甲を顔の反対側にもっていき
「こっちじゃないんですけどね」と言い訳をしたり、
クラブのママさん役の小西さんにライターの使い方を教えた時の話では、
「女性経験が多くないとわからない事も多くご存知で…」などと言われたりと、
演技指導にかなり力が入っていたようです。

その後、主題歌をプロデュースした小室哲哉さん、シンガーのmegさんが出てきて
主題歌を生演奏。



正直「またこの曲調か…」と残念でしたが、
(小室さんファンの方、すみません)
おかげでmegさんの本職のJAZZを聞きたい気持ちが最高潮に。
(歌っているmegさんは、不思議とglobeのkeikoさんや、華原朋美さんとかぶって見えてしまいました。)

その後はトランペット・ドラム・ウッドベース・ピアノのバンドが入ってきてJAZZセッション。
My Favorite Things、みずほ証券のCMで使われている曲など
4曲歌ってくれて、今回のイベントで最高に良い時間でした。

映画は…観ないかな…。

そんな良い曲を聴いた今日の新作は、
キャッチ式ピアスや、天然石のイヤリング3点。

ピアスとイヤリング

小さな黒い花には、3色のクリスタルが輝きます。

それにしても六本木はオシャレさんが多くて、目移りしちゃいます。
目にも耳にも保養になった1日でした。


line

11月2日 火曜日

月曜日は発送をお休みさせていただきすみませんでした。

週末はすごく久しぶりに八景島の水族館、シーパラダイスへ行ってきました。
大人だけで行く水族館は、
子供を連れて行っていた時とはまた違ったのんびり感を味わえたり、
「触れ合いラグーン」では、イルカにちょこっと触れたりといった初体験をしたり。

水面をスルリと泳いでくるイルカに触れると、
ゴム長靴のようなスベスベ感で、
柔らかな筋肉の塊のような弾力。(当たり前ですね…)

八景島シーパラダイス

2頭の白熊はとーっても眠そうにグッタリ。
ペンギンは鞠のようにプカプカ浮いていて、
羽毛の質感を感じられる程近くで見ることが出来て新鮮でした。

8月に千葉県沖の漁師さんの網にかかったジンベイザメが、
プールをグルグルと泳ぐ中、イルカがショーをするのは、
ぶつからないように泳いでくるタイミングを計ったりと大変そう。

なんでも、しばらくはイルカが慣れなかったため、ショーは中止されていたとか。

見られなかったお客さんもかわいそうだけど、シーパラダイス側も嬉しい悲鳴で、
イルカ自身もプールに見慣れないお客さんがいては思うようにショーが出来ないだろうし、
ご褒美も貰えないしでイロイロと大変なんだろうな。

今月はじまるAPECにかけて各国のカエルを紹介しているコーナーがあったのですが、
無理にかけなくても普通にカエルコーナーで展示するだけでも良かった気がするくらい寂しい感じ。

吉本興業の芸人やネタにかけた展示をしている水族館が横浜の中華街にあるのですが、
そのくらい徹底して欲しかったなぁ。

さて、そんな今日の新作は雪の結晶チャームを使ったイヤリングや、
キャッチ式ピアス、シェル製カモメのストラップの4点です。

ピアスとイヤリング

流れ星のような雪の結晶チャームを使った大振りピアスとイヤリング、
この冬1つ持っておくと重宝しそうです。