2007年 10月 nissi nissi
10月26日 金曜日

ここのところ、ものすごくコマメに日誌を更新している自分にビックリです。
お店の日誌というよりも、普通の日記ですね。。。

でも、今日はお店を紹介していただいたフリーペーパーの話しなので、
ちゃんと日誌しています。

川崎周辺版の、VIVA FREAK!というフリーペーパーへ掲載していただき、
昨日冊子が届きました。

ライターの方に、「何冊くらいお送りすればよろしいですか?」と聞かれたので、
「5冊くらい…」と、自分の中では「ちょっと多め」な気持ちで言ったものの、
届いたのは10冊…どうしましょう。。。

VIVA FREAK!

でも、この冊子のおかげで、
以前、探した時には見つからなかった、ガラス工房が近くにある事を知ったり、
同じ川崎で畑をしている人がいて驚いたり、
地元密着型な内容で、たまーに利用しているマンガ喫茶のクーポンがあったりしたので、
これからもチェックしていこうと思っています。


line

10月25日 木曜日

シール

写真はポストに入っていた携帯会社の広告シール。
こういうの、どういう風に使うのかな?

子供の頃はシールがあると、集めて友達と交換したり、
壁や持ち物にやたらと貼って、親に怒られていたっけ。

それでも貼りたい衝動が止められなくて、家具の背中側に貼り付けたり、
テープルの下側の、親の目につき難い場所に貼ったりと、
全く意味の無い使い方をしている面倒な子供でした…
そんな子供時代はさておき。

大人になると、後から剥がす時の事を考えて、そうそう気軽に貼れないですよね?

このキャラクターが大好きなら、
いろいろと貼る所もあるかもしれないけれど、
手帳などに貼ってもあまり意味も無いし…

それに時期物というか、一年後に見た時に、
「そういえばあの会社、こんなイラスト使っていたっけ」なんて事になると、
急に貼った所が古ぼけて見えたり。

でも、せっかくシールとして手元に来たので、
どこかに貼りたい衝動も…

ちょうど友人に送る手紙があったので、貼ってみました。
100%、全く意味はありません。

この友人の家にも同じシールがあったら、同じくやり場の無い貼りたい衝動を私に向けて、
同じ事をし返してくるかも…
それはそれで楽しみだったり。

思えば、こうやって意味の無い所に貼り付けてもらう事がネライなのかな?

幾人かの手に渡って配達される郵便物に貼り付け、
こうやって日誌に書かれたり…

もしかしたら、すっかり術中にはまってしまったのでしょうか…

この携帯会社のキャラクター好きの方、すみません…

明日、新作UPします…

line

10月24日 水曜日

アクセサリー

いつもご利用いただいているお客さまから、
ご自身で作られたブレスレットの画像を送っていただきました。

上の画像は、イヤリングだったものをブレスレットにアレンジされたそうで、
元イヤリングパーツが個性的なアクセントになっていてステキ♪
当店のイヤリングと合わせていただき、大切にお使いいただいているのが嬉しい限りです。

そういえば、使わなくなったアクセサリーって結構眠っていますよね。
そういったパーツを使ってアクセサリーをリフォームするのも、楽しそうですね。

話しは変わって、
22日の日誌に書いた公園の事で思い出したんですが、
竹がたくさん生えているところで、
「竹の子採れるね」などと話していたら、
すぐ隣にボロボロの看板があり、
「マムシの血清 ○○病院 電話000−0000」と、
病院の連絡先が書いてあるのを見て、久しぶりに背筋がゾゾ〜ッとしました。

line

10月22日 月曜日

週末は、車で1時間ほどの郊外へ行く用事があり、
その近くに公園があったので寄って来ました。

王禅寺

地図で見ると、住宅街の中にポッカリと残った小さな山で、
綺麗に整備された広場や、小川が作ってあるかと思えば、
ほとんど手を入れていない散策路があって、
写真のように、木々に覆われた道があったり、
ドングリがポトポトと、葉に当たりながら落下する中、
あまり人が歩いていなそうな小道に入り込んで迷ってしまったり…

普段コンクリートジャングル(古いっ)で生活している身には、
酸素の濃い空気を吸って、十分自然を感じる事が出来た時間でした。

王禅寺ドングリ

途中、ドングリが落ちて、絨毯のように敷き詰められている場所があったのですが、
写真に撮ったら、あまりにドングリだらけで、大写しにすると気持ち悪いくらい。

近くにこんな公園があるなんていいなぁ。


line

10月19日 金曜日

「煮物がおいしそうだな〜」と、テレビ画面をボーッと見ていたら、
ワンちゃんのご飯のCMでした…そんな食欲の秋をおくっています。

多摩川沿い

いつも走っているサイクリングロードはすっかり秋になりました。
この木々や雑草のある左側が多摩川で、その先には羽田空港があり、
離発着をする飛行機を見る事が出来ます。

その羽田空港の滑走路を延ばす計画があり、
鉄橋のようなものがどんどん海側へ突き出していて、
その拡張に伴って、川の対岸の神奈川にも、
「神奈川口構想」として道路が拡張されるといった話しも出てきているので、
渡り鳥などがやってくるこの川辺は、壊されてしまうというような話しも。

そうなったら数少ない自然はどこへ行ってしまうんだろう…と心配です。

写真だけ見ると、自然がいっぱいありそうな雰囲気なんですが、
すぐ右側は、新古車のような車がズラーッと綺麗に並べられた駐車場で、
これから船でどこかへ送られるのを待っているような、閑散とした風景なんです。
この道もずっとコンクリですし…
かろうじて自然を残してあるといった感じなのでしょうか。
寂しいなぁ。

line

10月18日 木曜日

先日、いつもご利用いただいているお客さまから、
ご自身で作られたアクセサリーの写真を送っていただきました。

とんぼ玉やガラスビーズを上手に使われていてとっても個性的♪
とても良い刺激となって、私の背中を押してくれているような気さえしてきます。

アクセサリー

ここの所すっかり寒くなってしまい、薄手の上着では寒いくらいになったので、
厚手のものを出してきて、陰干ししています。

寒くて指先がかじかむのは嫌だけど、
お気に入りの上着を着られると思うと、ちょっと嬉しかったり。

寒くて嫌な事は多いけど、そんな時にお気に入りのアクセサリーはもちろん、
気に入っている服を着ていると、自然と背筋がシャキッとしてくる気がします。

今日UPしたブレスレットも、完成した瞬間、
「すっごいかわいい!」と声に出てしまったほどのお気に入り。

この秋も自分で「毎日着けていたい!」と思えるような
アクセサリー作りを頑張りますので、新作も楽しみにしていてくださいね♪


line

10月15日 月曜日

実は、我が家には受験生がいるんですが、
つい、自分が受験した頃と比べてしまいがち。
受験に伴う決まりごとなどが大きく違っていて、
「え?そうなの?」と思う事だらけ。

学校の説明会も、私の時は友達と1・2ヶ所見に行ったくらいだったんですが、
遠い場所などは乗り換えも多いので、親もついて行く事が多く、
何かと出番が多くて、落ち着いてビーズアクセサリーと接する時間が無いのが現状です。

受験に関してはいろいろと言いたい事もあるんですが、このくらいにして…
そんな中、私立学校の説明会へ行って来たんですが、
最初は「こんなに遠い所まで通えるのか?」
「1年間の納付金額がこんなに!?」などと思いつつ、
学校へ着いてみると、
入り口には赤と黄色の「セグウェイ(ジンジャー)」が!

小泉元首相がぎこちない格好で嬉しそうに乗っていたあの電動立ち乗り二輪車です。

説明会に来た子供たち向けの乗り物だったようですが、
誰も乗っていなかったので、「お母さんも乗ってみてください」の一声で、
二つ返事で乗らせてもらいました。

ずっと「乗ってみたい!」と思っていたんですが、
家の近所であった試乗会には、日にちが過ぎてから気付いたりと、
乗る機会が無かったので、電車で1時間以上かかったものの、
乗る事が出来ただけでも説明会に行って良かった♪
(何しに行っているんでしょう…)

ジンジャー・セグウェイ

イメージはこんな感じ。
スイーッと気持ちよく進んで、
左右への方向変換は、左ハンドルを前や後ろに回すだけ。簡単〜♪

でも実際は、前へ行こうとしてもバックしてしまったり、
ものすごくゆっくりとしか走らせられなくて(私が小泉さんよりもヘッピリ腰だったため)、
隣で安全のために一緒に歩いてくれていた生徒さんの方が早いくらい。

思わず、「何キロくらい出るんですか?」とか、
「家庭用電源が使えるんですか?」など質問ぜめにしてしまったんですが、
「たぶん家庭用電源で大丈夫だと思います…」と曖昧な返事。

「普段、気軽に生徒さんが乗る事が出来るわけではなかったのかな?」
「レンタルかな?」など、
余計な事まで考えちゃいました。

とりあえず、今年の一大ニュースの第三位には入りそうな出来事でした。


line

10月12日 金曜日

ブレスレット作りが楽しい今日この頃なんですが、
一人で黙々と製作をしていると、どうしてもデザインが偏りがちに。
気がついたら前に作ったものと同じようなものが… なんてことも。

先日、いつもご利用いただいているお客さまから、
ご自身で作られたブレスレットの写真を送っていただいたので、
掲載させて貰いました。
自分の中には無かった色合わせやデザインで、とっても刺激になります。
ビーズ達がとっても引き立っていますね♪

ブレスレット

手作りを楽しんでいらっしゃる方が多くて、
なんだか嬉しくなっちゃいます。

うちから自転車でちょっと走ったところに、
こちらの方では大きな手芸屋さんがあるんですが、
そこへ行くと、若い子からおばあちゃんまで、たくさんのお客さんがいて、
たまに手芸材料を見て首を傾げていると、
「それはこういう風に使うのよ」なんて、教えてくれる人がいたりして、
新しい発見があるので、手芸店は大好きです。

いろんな所から刺激を受けて、これからも手作り楽しむゾー!


line

10月9日 火曜日

週末は連休だったものの、
いつものようにどこかへ遠出をするわけでもなくのほほんと過ごしていたんですが、
近くのショッピングモールに、「セインカミュ」さんと、「吉川ひなの」さんが来てファッショントークをすると言うので 顔だけ見に行ってきました。

吉川ひなのさんは、化粧のせいか、テレビで見ていた方がかわいいような…
セインカミュさんは、テレビで見ているよりも小さい顔でした。

トークの方はあまり(全く)興味が無かったので、
そこを後にし、また違う場所に若手お笑い芸人の
「オジンオズボーン」と「ヴェートーベン」が来るというので、そちらを見に。

以前神無月さんが来た時は、観客がずっと笑いどおしだったものが、
今回は、それぞれの持ち時間が短いのと、間も有ったりして、
「あれ?これだけ?」という感じでした。

神無月

写真は、以前神無月さんが来た時に、
ジャンケン大会でたまたま勝ち続けてしまい頂いたタオルです。
(大分前のものなんですが、日誌に書いていないようだったので今さら出してみました)

今回も何かあるのかな?と淡い期待をしていたら、
舞台上でのゲームに参加された女性一人に、
オジンオズボーンとヴェートーベンのサイン入りの、
パンフレット(一枚の紙)だけだったようで、
てっきり冗談かと思いきや、本気だったようで…

若手なのでしょうがないのかな、と思いつつ、その場を後にしました。
ファンの方、すみません…


line

10月05日 金曜日

来月、「VIVA FREAK!」というフリーマガジンへ掲載していただく事になりました。
フリーマガジンは好きなので、目につけばいろいろと手に取っている方だと思うんですが、
地元に特化したフリーマガジンは、取り上げている内容も身近なものなので、
「今度利用してみよう」と思える内容ばかりで面白い!

ただ、この「VIVA FREAK!」というフリーマガジンは、
地域によって内容が異なっているので、
もし、私の住んでいる川崎駅周辺や、溝口駅周辺へお住まいの方は、
お近くの方で、手に取ることがあれば、見ていただければと思います。

その取材が昨日だったんですが、いつもライターさんに思うのが、
「私のような箇条書きのような受け答えしか出来ない人間の言う事を、
綺麗に文章をまとめられるってすごい!」という事。

でも「どこかで勉強されたんですか?」と聞くと、「いいえ」という返事。
勉強などしなくても、自然と培った力で仕事が出来るってすごいなぁ。

もし私がライターとなって、どこかの誰かを取材したとしたら、
聞いた事をそのまま文にしただけの、
あらすじを文章そのまま、読書感想文にして出したような、
抑揚の無い文章しか出来そうにありません。

でも、「アクセサリーが完成した時って、どういう感じですか?」と聞かれて、
「子供の頃に自転車を乗る練習をしていて、“一人で乗れた”という気持ちと似ているかも」と、
解るような解らないような受け答えしか出来なくて、
後から「もっと違う言い方があったのに」とか、「あの事を話しておけばよかった」など、
考えれば考えるほど、いろいろと出てきて、それだけで悩んでしまいます。


line

10月02日 火曜日

いつの間にか10月になってしまいました。

先週末は半袖でも汗ダクだったのが、
厚手の上着があってもOKな今日この頃です。

彼岸花

写真は、埼玉に住んでいる父から送られてきた彼岸花です。
家庭菜園をしているんですが、その畑の側を流れる川の土手沿いに咲いていたそうです。

こういった写真を送れるようになるまでに、どれだけ苦労したか…

「綺麗な写真が撮れる携帯が欲しい」と言って購入したものの、
送られて来る写真は、人差し指の先ほどの、極小のものだったり、
誰だか判別出来ない程、画像の粗いものだったり。
画像を添付したつもりが、空だったり…
その度にメールを送り返したり、電話をしたり。

その度に「あーわかった、ありがとう!」と言って終わるものの、
またしばらくすると「撮った写真が無いんだが…」と電話がかかってきたり。。。

自分が歳を取ったら、こうなってしまうんだろうか…と、少し怖い今日この頃です。